スポンサーリンク

就活経験ゼロでも一次審査不合格から面接にこぎつけたウソのような本当の体験談!

最近、母に「よくもま〜次から次へとやりたい事がでてくるわね〜、逆に尊敬するわ」と言われ、諦めモードから尊敬に変えさせてみせました。笑
いや、さらに逆に諦めの真骨頂なのか…ソーリー母!

「好きなことだけしたい人」「福利厚生がしっかりしている会社で働きたい人」「給料がよければなんでもいい人」仕事に対する価値観は人それぞれです。

大学生ともなれば就職活動は人生の一大イベントですよね。

履歴書の一次審査を経て、面接へって感じでしょうか。
大手企業だったらいったいどれくらいの審査をくぐりぬけるんだよ!ってところもありますよね。

ということで、実際にタイトルのように私がどのように一次審査不合格から面接にこぎつけたのか体験談を!

人生に疲れて放浪

約2年前の話。
人生に疲れて約3ヶ月東南アジア放浪の旅に出てました。

いい大人がなにやってんだよ!って声が聞こえそうだ…
ご批判ついでに、どさくさにまぎれて、その時の3ヶ月のノンフィクションの旅を是非是非知りたいという方は

Amazon Kindle で発売中だよw
告知して逃げるε=ε=(((((((へ( *・口・)ノ

旅をしたおかげで、よく旅に出た人が言っちゃう「自分を見つめ直せて」運良くやりたいことを発見。
でも帰国したのはいいものの、何していいかわからない状態。

就活経験ゼロ

良いか悪いか別にして、実はいままで就活したことがない!

なぜか?大学自体がある職業になるしかないようなところだったので就活の必要がなかった。

大学卒業後就職、そして働いてわかった、自分には向いてない…
もはや社会不適合者の言葉!自覚してるから気にしなーい!

ブラックを経験したこともあるのでその辛さはよーくわかります。
ブラックを辞めた時に上司に思わず言った言葉、「もう解放して下さい…」。病んでる。笑

もともとネットサーフィンとか電子機器とかデジタル系大好き。

ネット民だからこそ、あらゆるサイトを見て気になる会社がでてくるわけですよ。
こんな所で働いたら楽しいだろうな〜とか思ってるだけ。

しかし行動に移さなければならぬ、ということでネット大好きっ子なら絶対に知っているであろうある会社(迷惑かけたらいけないので会社名はふせます)2社に絞って自分の中で勝手に就活。

その時4月。すでに採用終わってる〜。

なんならみんな働きはじめてる〜。

行動あるのみ

・1社目

来年まで待てるかいっ!

中途採用なんて募集なしかと思いきや、2社のうち1社は中途採用あった!
でも色々スキルないとダメ。経験者オンリー的なやつ。

でも、そんなの関係ね〜(古いw)

ネットから募集可能だったので、経験者オンリーの募集フォームをちょいと拝借。

自分の履歴を打ち込む。
その時履歴書と向き合っていかにアホみたいな人生を送ってきたか再認識。
ふむ。ビバ我がクソ人生!

究極の難関、経験者応募フォームだから「自分の作品を添付」とかでてくるし。

そんなのあるわけないじゃん?

ということで、「自分の作品」のところに書いたこと、まさかの、

自分ww

人生の最高傑作は自分自身ってな。

それから数日後、メールが送られてきました!ドキドキ!

する必要もなく、

不合格〜あたりまえ〜

いやいやちょっと待て!安西先生も言ってるよ。


引用:スラムダンク

そうだ!試合はこれからだ!
いやいや、むしろ試合すら始まってねぇ。

ていうか、そちらはこちらの何を知っているの?ってことです。

そちらはこちらの何を知っているの?
はい、2回目。知るわけなし。

じゃあ知ってもらえばいいじゃん。
その不採用メールに返信。

そちらはこちらの何を知ってるの?の最上級の丁寧語で送信。
今思えば、もはやクレーマーですよ。

数日後再び返信あり!

なぜか不合格にしたことを謝られている…
そして面接に来ませんか?とのこと。

自分で送っておきながらビビるっていう。

後日面接。

再び謝罪され、こちらが恐縮。

「不合格にしてメール送ってこられたのは初めてです」

とのことでした。
もしや新鮮さが勝利した感じ??

コーヒーなんて飲みながら優雅に1時間くらいの面接。
すごくいい人、いい会社。

が、話しながら自分の中で違和感。
自分がここで働いている姿が想像できない…

まさかの自分からクレームつけておいて、すみませんとお断り。
時間をとってもらった挙句、最悪です。反省してます。

ミジンコの分際で何偉そうなことこと言ってんだ!ってごもっともです。
いやミジンコにすら失礼、ミジンコ以下ですよ。

若気のいたりです。
そう若くもないけど、ご年配の方は多分まだイケるって言ってくれるはず。笑

自分から断らなくても落ちてましたね。
でもその面接で視野が広がって今に繋がってるので、すごく感謝してます。
今でもその会社のサイトはよく見て参考にしてます!

就活ということをしたことがなかったからできた恐れを知らない就活とも言えます。

・2社目

ネット民なら知ってる超有名会社!

ネットでも何も応募なし。
数年間応募している気配もなし。

会社に勝手に履歴書を送りつける。
手紙を添えて。

和牛フィレ肉のパイ包み、トマトのピューレを添えてみたいに言うな。笑

待てど暮らせど連絡なし。
こりゃあかんわ。見てない可能性大と決めつける。

再び手紙の登場。今まで生きてきた中で一番綺麗な文字で書く。
宛名は会社名。じゃなくて社長宛。

連絡なしっ!

誠意のかけらもない会社は知らん!って1人でムキーってなって終わり。(スーパー自分勝手)

その時の心情の変化。


引用:LINEスタンプ(コニーちゃんって名前だよ)

情緒不安定かっ!

今となってはそりゃそうだよって感じです。
全部がうまくいくわけないって話。

でもいつか、その社長と会う機会があったらネタとして持っておこうってムフフってなってる。
むしろ絶対会ってやるってちょっとモチベーションにしてる。

参考になりましたか?笑

今も昔も情熱は大事

今の時代「情熱」とか死語と化してますが、時には大事かもしれません。

最後に言えるのは、結局直接的なご縁はなくても自分が行動を起こしたことによって得られたことが多かったです。

そのことで今に繋がってる仕事もありますし、思ってもみなかった価値観に触れられたりと、人生無駄なしです。

まだまだ夢の途中ですが、というか常にワクワクを求める夢追い人みたいな感じですが、やりたいと思ったことは結果がどうであれ全て試します。

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない
by:スティーブ・ジョブズ

大好きな言葉です。

「行動なくしては何も生まれない」ってかっこいい言葉で締めさせて下さい(^^)

おしまいっ!