スポンサーリンク

プチ日本一周〜東日本大震災から7年半軌跡を辿る旅・準備編〜

日本一周旅行をしようと思ったのはスマホを紛失したら自由になった!行くぜ、日本一周!でも書いたようにスマホを紛失したのがきっかけなのは本当に一理あるんです。

スポンサーリンク

日本一周旅行をしようと思った本当の理由

でも、真の理由はずーーっと前から東日本大震災の軌跡を追ってみたかった!仕事の都合などでなかなか長い休みがとれずここまで長引いてしまいました。でも最近は自然災害が多く本当にいつどうなるかわからない世の中になりましたよね。

決行するなら今しかない!

と思ったわけです。
今までは金沢→富山→新潟→秋田と本当に旅行のような感覚で旅してきました。

でも、盛岡から始まる震災の軌跡を辿る旅は岩手→宮城→福島と周り、観光はせず、現実を見る真面目な旅にしたいと思います。
そこで肌で感じたこと、思ったことなど私のように何も知らない人に少しでも知ってもらうため、また自分のための記録としても残そうと思います。

でも、実際には何となく知っているだけで、訪れるべき場所がぼんやりとしかわからない。

さて、ここからが旅の続きです。↓↓

盛岡で震災の情報を得る

秋田県から岩手県の盛岡駅に到着したのが、17時前。

岩手→宮城→福島

このルートしか決めていない。

買う物があって、駅ビル内をさまよっていたため、駅内のインフォメーションに17:30閉店ギリギリに駆け込みました。

正直にお姉さんに震災の軌跡を辿りたいと告白。
全く嫌な顔をせず、デスクにでっかいマップを広げてくれました。

バスや電車で行くと、やはり遠回りしなければ行けない所などがあるためかなり時間がかかってしまうとのこと。
元々盛岡でレンタカーを借りて福島で乗り捨てる予定だったので、どこに立ち寄るべきか、どのルートがいいかを聞く。


引用:三陸鉄道

平成30年を目指して宮古〜釜石間はつながるようですが、今はまだ三陸鉄道は北と南で分かれているので、盛岡から北リアス線のてっぺん「久慈」からだと遠くなってしまいます。

そこでお姉さんが提案してくれたのが、「たろう」という所からスタートして三陸海岸沿いに南下してはどうかということ。

パンフレットも出してくれて、たろうでは震災の後がわかると教えてもらいました。
私は本当に何もわからないので、こんな事をお姉さんに言いました。

じゃあ、それぞれの街に行ってから歩いて街探索すればいいですね。
まだ工事も所々で行われているし、街全体もまだ戻ってるって感じではないですよ。

都会に住んでいる感覚だと7年もすれば完全とはいかなくても結構戻っているのではないかと思っていました…

まだそんな感じなのですか?
この前も陸前高田の方に行ってきたんですが、まだだな〜って感じでしたね。

一体現地ではどうなっているんだろうと全く想像つきませんでした。
完全に17:30過ぎてるのに最後まですごく親切に説明していただいて本当にありがとうございました。

レンタカーを準備

お姉さんと話したその足ですぐにレンタカーのお店へ!
何日かかるかわからない。少なく見積もると最悪日数を伸ばしたくても車の予定が埋まると返却必須になる。逆に多めに見積もっていれば早めに返却すると返金あり。

ということで、多めに8日間。乗捨てなのでちょっと高めの1日約1万。ネット予約とかしてたらもっと安くなったんだろうけど、日にちがわからなかったし、出発は翌日だし。。。

しかたあるめ〜

ってことで8日分レンタル。
※でも実際はその半分以下の日数で済んだのでお金が半分ほど戻ってきました。

では、スタートです!

盛岡の超格安宿情報

せっかく旅しているので、自分で体験して良いと思った格安ホテル・宿情報も!

旅している人はとにかく寝れればいい!という人が多いと思うので、盛岡では一泊2680円SPA銭湯ゆっこ盛岡

コピー機もあるワークスペースもあるし、お風呂の種類も多いし、男女別の仮眠室もあるし、最高でした。

ただ若干駅から遠い。帰りは向かいのバス停にいればいいんだけど、盛岡駅からの行きがわからない。電話でもして聞いてくだされ。
私は駅から50分歩いた。笑

9/19
宿泊費:2680円/食費:1240円
運賃:5100円/洗濯代:590円

合計:9610円

全体の合計:143,421円

次はプチ日本一周〜東日本大震災から7年半軌跡を辿る旅・1日目岩手県で津波の怖さを学ぶ〜編です。